スポンサーサイト

  • 2011.06.05 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    2/13 テクコン終了〜帰り道

    • 2011.04.05 Tuesday
    • 23:13
    2/13は日曜日。次の日はもちろん会社。
     
    なので、帰らねばならないのです。
     
     
    決勝三種目終わった時点で、
    急いでお昼を食べ(たまねぎを練りこんだという麺を使ったラーメン)
    荷物のパッキングです。
     
    朝から体育館に置かせてもらっていた荷物。
     
    板ケースにいろいろ詰め込むことで成り立っているわたしの荷造りは
    けっこう難しい。

    荷物パック
    (たかしの和から拝借)
     
    このたび、板ケースに入れた主なもの。
    “2セット
    ▲好肇奪
    ウェア
    ぅ潺疋蕁
    ゥ屐璽
    洗面道具
    Ю濯物
    ┘献磧璽
    シャカシャカ
    グローブ
    といった具合で、我ながらこれで2000円しないで東京まで送れてしまうことに
    びっくりです。
     
    そして発送作業が終わった後は、バスの発車時間まで待ち時間です。
    表彰式もやっているのですが、はっきりいって無縁なので・・・パスです。
     
    もの思いにふけるたくちゃん。おつかれさまでした。
    本日はゴールからの指令もありがとう♪


     

    ならちゃんとなおこさんも、ありがとう。2日間一緒に滑れてよかった!
     

     
    今回はあんまり自分で写真を撮っていないのでこのくらいしかないのですが
    その裏には、うちのダンナが撮り続けた膨大な写真がほんとうはあります。
     
    でもDLできなかったんだよなー。そのうちどこかでUPできるかな。


    バスが出てしまうーというけっこうギリギリまで粘っても
    表彰式が終わらない様子だったので、お世話になったGAOさんと堀さんに
    お別れのアイサツをして、帰ろうとしているところで
    表彰式が終わり、速報。
     
    結局・・・。東京チームから全日本にいけることになったのは
    吉田美輝子さんただひとり。
     
    あとはみなさん残念ながら枠に入れなかったみたい。
     
     
    がんばったのだけどねー、みんな。
    帰りのバスは、ちょっと静か。
    外はモーレツ雪が降っている・・・飛行機は飛ぶのだろうか?
     

     
    遅れているようだけど、一応チェックインできる状態になっていたので
    お土産を買って、夕飯を食べて、搭乗口までいってみたけど
    のるべき機体が到着できないらしく、待機です。
     

     

     
    機体にもしっかり雪がつもり、滑走路も雪だらけ。
    そりゃあ、着陸できないわぁ・・・。
     
    かなり待って、ようやく出発。
    無事に羽田についたのですが、12時くらいだったかなー。
    空港から電車で移動する予定だったと思われる人たちは、動けなくなってしまったでしょう。
    幸いクルマだったので問題ないけれど
    旅先でそんなことになってしまったら、大変ですよねー。
     
    という気持ちの代償か、帰りに5000円くれました。
     
    航空会社が悪いわけでもなく、空港が悪いわけでもないし
    天候の問題なのに、なぜお金をくれるんだろう。
    電車遅延のほうがよっぽど困ることあるのに
    お金をもらったことはないなーー?なんでだろう。
     

    −−−
     
    今回のテクコンツアーを全面的にバックアップしてくれたOTツアーさん、ありがとうございました。
    一緒に戦ったみなさまもおつかれさまでした。
     
    ルスツでのテクコンは今回が最後ということで、
    こんどは大会とかじゃなくて、ゆっくり遊びにきたいなーーー。
    大きな山を満喫して、札幌の街も楽しみたい。
     
    慌しかったけど、充実していたともいえる、短い北海道旅行でした。 
     

    2/13 第4回テクニカルスキーコンテスト(決勝)@ルスツ(36)

    • 2011.03.30 Wednesday
    • 18:08
    3/30(水) 今日は元々休むことにしていた日。
    何か用事があるわけではないのですが、仕事がヒマになってしまったので
    交代で休みをとることにしたのです。(震災の影響ではなく、元々3末でヒマになる予定だったの)
     
    結局、今日も胃が痛くおとなしく家でじっとしてます。

    ---
     
    2/13(日) 第4回テクニカルスキーコンテスト 決勝。
     
    モーレツに天気が崩れるのではないか、と予想されている日で
    朝から、不安定なかんじです。
     
    最終日なので、荷物を体育館まで持っていったり、
    少し朝が忙しかったので、のんびり目にでかけました。
     
    ■大回り

    朝いっこめは、大回りから。
    予選と同じコートを使って、決勝は距離が伸びててっぺんからのスタートとなります。
     
    だんだん落ち込んでいくレイアウトなので、どんなかんじなのか上から見えなくて
    精神的にはプレッシャー。
     
    もうこの種目は完全にリベンジってことで。きのうのビリから脱却すべくがんばります。
    縦の意識をもって。
    予選ではポジションが後ろ目だったのではないかということで、前も意識して。
     

     
    239点(30位) あちゃー。前にって思ったからしょうがないのですけど
    なんどか前に詰まってしまった。それ以外は、普通だったのだけど
    やっぱり本質的に大回りはイマイチなんだろうなー。
     
    ■整地小回り
     
    天候はどんどん悪化。とくに山の上のほうは。
    小回りのコートは、今回の中でいちばん山奥なせいか、けっこう見えないかんじ。
    あまりに見えず、進行も遅れている。
     
    コースオープンのときに、時間切れで入れなかったので
    念入りにインスペクション。
     
    真っ白で良く見えないので、ネット際か、林沿いか、とにかく目標物があるところを滑りたい。
    そして、積もった雪がもっさりしてしまっていたのと、
    平和な斜度なので、わたしのパターンだと失速しかねない。
    少しでも斜度がありそうな、林沿いを選択。
     
    都予選では、ちょう急斜面ショートで苦戦するのですが
    緩斜面は緩斜面で、結局苦戦。
    むずかしいなぁ、もう。
     

     
    237点(32位) なんじゃこりゃ。です。
    でも、なんか去年もそんなかんじだった気がするなぁ。

    ■総合滑降
     
    全体の最後の班なので、一班まるごと観戦できてしまうくらい時間がありました。
    ・・・が、天候が天候。見えたり見えなかったり。
    途中、下に休憩にいったりしながら、たくさんの選手をみて、
    ほんとに北海道のみなさん、すごいなーと他人事のように感心。

    予選通らなかったからここにいるのでしょうけれど
    その厚さは、やっぱり雪国ならでは、なのですね。


     
    スタートエリアでは、雲の切れ間に滑れることを本当に祈る気持ちでいっぱい。
    幸い、わたしの番では比較的見えたのですが
    それでも斜度変化がぜんぜんわからず、
    わけがわからない方向に切り替えて、浮いてしまう場面も。
     
    構成については、
    下でずーっと見てくれていた、たくちゃんの研究パターンで滑れたので
    それはよかったはず。
     



    239点(31位) 最後まで240点をこえられない一日で、無念。
     

    結局、総合成績は、予選と変わらぬ33位でした。 
     

    ⇒帰り道に続く(かな?)
     

    2/12 第4回テクニカルスキーコンテスト(予選)@ルスツ(35)

    • 2011.03.29 Tuesday
    • 17:51

    コレを書いている3/29。
    前夜から胃痛に悩まされ、重大な仕事もないので休んじゃいました。
    病欠は久しぶりだなー。
     
    ちなみに明日は予定休。明日も胃が痛いのかなーーー。
     
    さて、昔話の続き。
     
    ---
     
    2/12(土)連休の中日。
     
    第4回テクニカルスキーコンテスト 兼 全日本スキー技術選大会全国予選会
    がはじまりました。予選、決勝と二日間で行われます。

    テクコンも、もう4回目になるのですね。 
    第1回は八方で開催され、あのとき肩を負傷してしまったのでした。
    第2回からルスツ開催。このときは不参加でしたがなんと雨だったとのこと。
    第3回は前年の雨にめげたのか、東京チームは参加者が若干少ない印象でした。
    第4回の今回は!なんと東京チーム増量。20名をこえる選手団となりました。
     
    いやー、すごいです。
     
    それでも全参加者の8割くらいは北海道の方。
    1割は甲信越。
    残りの1割がその他雑多な方々、という構成で、
    圧倒的に地の利を生かした開催になってます。
    (あたりまえかー)
     
    朝は7時半くらいからリフトが動きます。
    でも9時開始なので、たっぷりUPできちゃいます。
     
    朝食は、前夜にセブンイレブンでGETしたオニギリを部屋で食べて準備万端。
    すべり過ぎちゃうくらい滑って、20分前に集合。
     
    すべてがスケジュールどおりに行われるので、進行はとてもわかりやすい。
    北海道の方はとてもまじめな性格なのだろうか・・・。
    かならず、各種目の班ごとにジュリーによるインスペクションが行われる、とか。
    ほんとうにすごいなー。
     
     
    ■大回り
     
    基本的にアウェーなかんじなので、スタートエリアで待機している間、とにかく無口です。

    前日のコートオープン時にはタイヘンやばいことになっていたこのコート。
    実は、本日もヤバイ。全面コロコロ状態で、うす曇。
    こんな状況だったら、あぶないからやーめよ、って普段滑らないだろうなーというかんじです。

    いろんな状況で練習しとかないといけないなーとここまできて反省。
     
    そして。。。案の定、すべりもヤバイかんじ。
    途中でなんどもバランスをくずし、外足はどんどん逃げていく。
    大会とか、検定とかで、こんなに気持ち悪い演技をしたのは初めて。
    ちょー本質的な問題ですよ、こんなの。


     
    236点(36位)いきなりどん底からスタートです。
    もちろん、最下位です・・・。
     
    ■中回り
     
    気を取り直して・・・というか、もはや落ちるところまで落ちてますから、
    どんなに失敗してもかわらない(笑)
     
    ねじれが少ないほうがいいはず、という作戦から、上からみて左側を滑ってみることに。
    種目ごとにデラ入るので、斜面はとてもきれい。
    大回りのときのようなことはなく、しっかり滑れるはず。
     
    たてに滑るように意識。
     

     
    240点(25位)。点数はあいかわらずなんかんじですが、
    この斜面は点が伸びていないようなのでまずまず。
     
     
     
    中回りコートの横がちょうど不整地ショートの斜面↑
    前の班がまだ滑っていたので、様子をみてラインを決めねば・・・。
     
    去年はうまいことはまって、この斜面はかなーりいい点をもらった。
    でも今年はコブについて自信がない。
    というか滑ってない。滑れるのか?って気持ちになってしまう。
     
     
    ロングの板で中回りをやったので、板を替えに降りがてら、
    時間があったので、軽くお茶。
     

    ■不整地小回り
     
    名物タイガーコース。
     
    前日まではふかーーーーいコブだったのですが
    だいぶつぶされているはず。
     
    でもそうはいっても3班目。それなりに掘れてるんじゃないか、と思うのだけれども・・・。


     
    悩んだ結果、一番浅いネット際を滑ることに決める。
    なんと、班の中で1番スタート。
    他の人の様子をみてきめる、ということができない。
     
    わたしの直前は、前走の北海道代表選手。
    そりゃあ、べつの種目だといった様子で滑りぬけていくのを見送り、
    いざわたしの番。
     
    浅いはずだ、とおもうのに、やたらと慎重なかんじで滑ってしまった。
    最後の3コブくらい、気を取り直して滑ったけど、
    全部あんなかんじで滑ってきて、ぜんぜん問題なかったような気もする。
     
    あーあーーーー。でも無事に終わったからもういいか。





     
    243点(20位)。もっと自信もって滑りたかったなー。
     
     
     
    ということで3種目。終了。

     
    このあと、同じ班の男子が滑ってくる中にいたohk。
    なんとなんと、ゴール間際で転倒。
    板もはずれてしまう、というビックリ事件が起きました。
     
    いちばんびっくりは本人だったかもしれませんね。
    女子は全員決勝に残留できるのですが、男子は予選でのアシキリがあります。
     
    ここでの減点がひびいてしまい、ohk決勝残留ならず。
    無念。
     

    決勝残留者は、ふたたび選手会があるとのことで
    指定されてた部屋にいってみるも、時間になってもすっからかん。
    何人かいるので、間違っているわけではないようだけど
    去年は、たしか、リザルト配布のみで終わった記憶。
     

     
    結局、リザルト作成に時間を要していたようで
    結果がはり出され、選手会が行われました。


    この紙、一枚の運命。1点の重みが重なってるんですよね。
     
    もうすっかり遠いかんじなので、わたしの視野からは消え去ってるんですけど、
    一応この大会、八方での全日本に行くための敗者復活戦です。
     
    東京チームも健闘してます。全日本枠に予選時点で入ってる人がちゃんといる。
    女子は20位までに、美輝子さん、kikkoちゃん。
    男子は40位までに、堀さん、たかしくん。
     
    明日もがんばってくれぃ。
     
    飲んでばっかりいられない!ということで、
    肝臓にやさしく、北海道バイキングで夕飯となりましたーーー。
     
    さんざん食べてから、〆のいくら丼。
    もうおなかいっぱいなので控えめ。
     

    2/11 いざルスツへ!(34)

    • 2011.03.27 Sunday
    • 11:14

    2月三連休の話。
     
    3/11の地震以来、週末は家にいたのですが
    BLOG更新の意欲がわかなかったのと、
    楽しかった話を書くことについて気が引けて、というので
    放置してました。
     
    でも、意外と楽しみに?してくれている方もいらっしゃるようなので
    忘れないうちに、ということもあるし、そろそろUPしてみます。
     
    −−−
     
    ほんとうは、三連休プラス前後休暇がとれればいいなーと思ってましたが、
    仕事は佳境。それどこではなく、三連休休めただけヨカッタ、って状況。
     

    ■羽田空港へ。

    駐車場代を節約、というわけで、ohk、たかしくんと乗り合い。
     
    そして、この三連休は日本に大寒波がやってきており、
    出発の朝、東京でも雪が降る天気予報で、空港までの道のりを心配しましたけど
    まったく問題なく、あっという間に羽田着。
     
    羽田に着くと、意外と出発ロビーは混雑していて、
    去年平日の朝に出発したときとは様子が違う。
     
    ちょうど雪祭りともかぶってるし、そもそも飛行機は満席で、予約に苦労したほどだから
    そりゃあ、混雑するわけですね。
     
    荷物はほぼ戸隠の帰りに発送してしまっているので、身軽です。
     
    激しく機体が揺れるんじゃないか、と心配したけれど、おだやかに千歳まで到着。
     
     
    ■千歳からルスツへ。
     
    バスで三時間弱。9時半発が最初の便。
    空港到着から1時間程度時間があったので、朝食を食べる。
    空港内のファミレスみたいなとこにいってみると、アジア圏の団体さんで若干混乱気味。
     
    バスは何台か出ているようで順番に案内され、しばし外で待機。
    それほど寒くないけれど、ウェア以外の服でこの寒さで活動するのはタイヘンだなー。
     

     


     
    バスからの景色はずーっと雄大。
     
     
    ホテル到着後は、チェックインなどの手続きがけっこう時間かかります。
    なにしろホテル内の移動が広くて時間がかかる。
     
    でも今回は部屋にも入れたし、さっそく滑りに行く準備。
     
    ■コートオープン
     
    ゼッケンつけてれば、本番で滑るコートを滑れます。
    午前、午後と時間が決まっていて、
    ちょうど午後の2時間分に間に合いました。
     
    ロング、中回り兼総滑、コブ、ショート と4つのコートがありますが
    一日目の予選で使うコートを優先してみていくことにしてたら
    結局ショートは滑らずじまい。
     
    ロングは、昼間に緩んだのが冷えてきたのか、
    とにかく滑りにくく、はっきりいって滑れませんでした。
    本番はそんなことないはず、というわけで早々に退散。
     
    中回り兼総滑の斜面は、とても滑りやすいのですが
    とにかくスピードが出ない。
    また独特なネジレがあるので、その使い方を考える。
     
    コブ。いうまでもなく、深い。でも、本番は浅くなるはず、とおもって
    気にしないことにする・・・けど気になる。なんとか2本だけ滑ってみた。
     
    ショートは、オープン時間おわってしまったので
    横を滑ってみて終了。 
     
    あいかわらず、BIGな山を目前に、こちら側だけでも滑りきれない始末。
    残念だなーーー。



    ■選手会

    天候が不安定であること、について、道予選のときの話をされてました。
    朝は晴れてても、天候は崩れ成立しなかった種目があったとのこと。
    その逆で、天候悪くても良くなる可能性もあるからわからない。
    せっかくだから滑りたいですね。
     
    ■やっぱり・・・
     
     
     
    やっぱり。これですよねー。お部屋で、まずはゴックン。
     
    その後は、1階の居酒屋で今回ルスツまできてくださったGAOコーチのお誕生会!
     
    荒れ狂う海をフェリーで越えて、はるばる。
    お礼の気持ちを、って思ったけれど、このくらいしかできず。
    ほんとうにありがとうございました。
     
    さて、大会二日間。がんばるぞーーーー!

    2/5-6 フリー@戸隠(33)

    • 2011.03.01 Tuesday
    • 20:53
    2/5-6 もう一月も前のこと

     
    前週に都予選が終わり、がっかりだったからルスツでがんばりたい人、そこそこの成績を残しルスツへの期待を込めている人、行けるなら行きたいと思っている人(←わたし)、といろいろな思いをこめて、テクニカルスキーコンテストに出場することに決めた都予選後。
     
    昨年いってきてみて、それほど困難な斜面ではない(不整地タイガー以外は)印象だったルスツを想定して、高速トレーニングができるほどよい斜面を思い浮かべた結果、戸隠が選ばれ、今シーズン初の戸隠へ。
     
    都予選までは、あさま、菅平、車山、と東信よりのスキー場ばかり訪れていたので、遠方のスキー場はとーってもひさしぶり。
     
    ほんとうは、ちょっと休みたい、とも思うこのごろですが、滑れるときには滑らなければ・・・。
     
    実は、金曜日の夜からちょっと調子が悪く、風邪を引いてしまったみたい。
    会社では、インフル充満で、もしや・・・とおそろしくなり、
    そっこー病院へ。
     
    しかし、38度以上でて24時間たたないとインフルの検査はできないのだそうで。
    まだ37度台だったわたしは普通の風邪薬をもらって帰宅。
    これで治ればいいってことで!
     

     
    少々曇りがちながら、時折晴れ間がさし、雪質もよく、なにより空いている・・・。
    体調があんまりよくないので、すっきりしないけれど、
    滑っているうちに元気になってくるもので。
     

     
    午後にはすっかり元気になりました。
    インフルではなかったようで、ほんとうによかったーーー。
     
    少々心配になるくらい空いていて、おかげでいいトレーニングができました。
     

     
    一緒についてきてくれた、うちのダンナが今回のコーチです。
    いつもありがとう。
     

     
    リフト終了まで、いろいろ試してみて、土曜日は終了〜。
     


    締めくくりはタイヤキで。なんと、お好みで揚げてくれるのです。
     
    揚げたタイヤキは「あんドーナツ」ですな。
     
     
    宿泊は極意旅館。いつもお世話になります。
    はじめて泊まったツインルーム。
    意外でしたーーー。
     

     
    そして、日曜日はいままで足を踏み入れたことがない「メノウ」へ。
     
    景色がちょっといつもと違って新鮮。
    戸隠の景色は、そびえ立つ山が近くにあって、厳しい自然、というイメージ。
     

     
    そして奥行きをかんじる設計。
     
    練習するには、シルバーとかチャンピオンとかが効率いいけれど、
    メノウもなかなかよいですね。
     
    ガッツリすべりこんで、日曜日も終了です。
     
     

     
    ルスツもがんばるぞーーーい★

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ■コラブロ

    ■tmix


    ■ヘルスプラネット

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM